Feb 12, 2013

Green Plant & Imari Hibachi / 染付火鉢と観葉植物

Do you know about the word ,'Hibachi', we always use on our online catalogue.  There are various sizes and materials, and the old people put ash and charcoals inside to heat the room or make tea or hot Sake.  I pick up Imari blue and white Hibachi as a topic today because they are so nice to go with foliage plants.  We sometimes use them on our interior decorating page.  They look so nice to produce relaxing atmosphere.  There are some customers who don't take blue colour in there space because blue is difficult colour to be matched with the other colours.
I was worried about it, too, but I thought it was not so difficult.
The green colour on the plants is very effective to make good balance!
I hope you will see it in the pictures.
If you are looking for a beautiful plant pot, please try to use it!!  It should be nice to use pots for plants which are made over 100 years ago!!

Okura Oriental Art



火鉢って火鉢にしか使えない、なんて思っている方は数少ないと思いますが…。私の小さい頃、外に置いてあった火鉢は植木鉢となり、成長した根っこは底を突き破って庭の地面へ入って行き、そのまま放置されていたことがありました。 結局火鉢は木の飾りに・・・。
これはいけない例ですね・・・(T_T)/~~~

それはさておき、今回ちょこっと染付火鉢と観葉植物のお話を・・・。 画像はショールーム画像からです。 私は染付と葉っぱの組み合わせが非常に好きでございまして・・・あちらこちらに小物として活躍させています。部屋に植物、とても大切なことだと思うのです。まず心が安らぎます。 酸素も作ってくれます(^O^)/ 室内向きでないものが沢山あるので注意しなくてはいけないと思うのですが、ぐんぐん伸びて成長してくれる植物も沢山ありますよね。
そんな楽しさと一緒に、インテリアも楽しめます!!

現代の生活で、陶器の火鉢に炭を入れて楽しむ方はなかなかいらっしゃいません。でも手あぶりから大火鉢まで多くのデザイン、大きさのものが未だに沢山出てきます。
それに合わせて植物も選んで良いバランスに・・・。なんとも優雅な空間の出来上がり~!!
100年以上年月を経た火鉢(鉢カバー)、まだまだ現役です!
是非お試しください!

大蔵オリエンタルアート

No comments: