Jul 3, 2014

「牡丹金ミル」?!/ Story of Fukagawa porcelain






先日入荷した深川製磁の器達。 大蔵HPのカタログでご覧頂いた方もいらっしゃるかと存じます。
現在の深川製磁のHPでも記載されていますが、創業は1894年、1900年のパリ万博で金賞を受賞し世界的に認められた有田の窯元であります。

時々目が覚めるような美しい絵柄のものがオークションに出てくるので、気にいったら仕入れることにしていますが、今回はドド~ンと同じ絵付けで様々な形のものが大きな桐の箱に入って出てきてびっくり! 
「牡丹金ミル」という絵柄だそう。 ブルーのグラデーションと繊細な線が本当に綺麗です。 明治の頃からこの絵はあったとのこと。
「金ミル」の意味ですが、金彩で描いている海草のような文様のことだそうで・・・。 創業者の深川忠治氏のパリの建築等を見て発案したとか・・・
調べてみると面白い発見がまだまだありそうです。 伊万里~有田の歴史も深いですし。 

今年、深川製磁は創業120周年を迎え、明治の頃の復刻版としてこの「明治牡丹金ミル」は再現されています。

今回、大蔵オリエンタルアートのHPで掲載しているものは、明治ほど古くないにしても、80年位前のものかと思います。この機会に素晴らしい絵付けを堪能してみてくださいね。


Have you seen those beautiful porcelain on our web catalogue?
They are made by 'Fukagawa Seiji' porcelain company in Arita.
Please see the website.  You will understand how great the  company is!

The pattern on the items on our website is designed by Chuji Fukagawa who established the company.  He loved the contrast of the beautiful picture in blue and the delicate gold line on it!

The company has produced the same series for 120 year anniversary this year.
I think our items are made around 1920~30, but we are lucky to get them this year!
Please see the pictures on our website.  You may enjoy their beautiful works of the company!!

Okura Oriental Art



No comments: