Feb 7, 2016

テーブルウェアフェスティバル2016/ Tableware Festival 2016

やはり目が行くのは骨董を使ったアレンジ。 重箱と可愛い豆皿が沢山の「大人のおままごと」 By 黒柳徹子さん


今年も行って参りましたよ~。 東京ドームへ!
開催4日目の午前中でしたが、大盛況!
いつもながら思うことですが、これだけ多くの来場者がいるということは食器や漆器を販売している者としては嬉しい限り。 
やっぱり食は生きていく原点だし、出来るだけ美味しく楽しくいただきたいと誰もが願っていることなのでしょう。

それにしてもプロアマ問わず、素晴らしい力作揃い! 細かい部分までよく行き届いたセッティングがずら~り!!とても勉強になります。
好きなセッティングを少しだけご紹介。
(カメラ忘れて、スマホの画像で失礼いたします・・・汗)

シンプルだけど、洗練された雰囲気が素敵☆

モダンな感じがしますが、なぜかホンワカした気分になりました。

光に吸い寄せられてみとれちゃったセッティング。 お皿のデザインも面白い。
限られた空間で壁にも様々な工夫があり、感心してしまいました。 他にも沢山ありますが、あちこちでブロガーさんがご紹介していますのでそちらで楽しみましょう(笑)

そして今年はいつもあまり見ていないのですが、お料理にも感心しきり。 エントリーするにあたって、皆さんきちんと実際にお料理をしているのですね~。 その画像がこちら↓



もうね~、これは趣味ではもはやございません。
大変な作業を経て応募に至るのです。

若い頃、「お茶会大賞」 という婦人画報のコンテストに応募したことがあります。 お茶事を一通り、そして最後にきちんとお茶も点てて・・・撮影しながらだったので、丸一日かかりました。 別に頼まれたわけでもなかったのですが、一か月ほどかけて予定を立て、献立も考えて臨みましたっけ・・・。 熱病の様にやりきったからか、お蔭様で結果は「佳作」。 掲載もしていただきました。 TFに来るとそんなことをふと思い出します。 

帰りは小物を少し購入。いつも買うのは「公長齋小菅」のお箸。 細くて使いやすいのがお気に入り♪ 後はテーブルクロスを一枚。 色々物色したいけれど、時間切れ~。
来年はもうちょっと時間のある時に行ってみようかな・・・。

骨董の食器、セッティングの中では今年もあまり多く見かけませんでしたが、チョコッと加えるときっと楽しいと思います。
お試しくださいね~。

大蔵オリエンタルアート




No comments: