Sep 21, 2016

秋の宴/ Autumn Home Party

少し涼しくなったので久々にお客様を呼んでホームパーティを楽しみました。
使ってみたい食器が山のようにあり、どれを使おうか悩みましたが、献立を考えながら選びました。
そう、使ってみたいのは商品も含めてでして・・・ これ、骨董屋の特権(*^_^*)

お招きしたのは以前から仲よくしていただいているYさん母娘。
もう15年程前になるのでしょうか?お店で知り合って以来楽しい関係を続けさせていただいています。
センスの良いお二人をお招きするとあっては、テキトーなことは出来ません!

で・・・頑張りましたよ。 

メインテーブルはこんな感じで。秋を意識した暖色と染付だけのテーブル。
お気に入りのペンダントライトに一人微笑む・・・

We had a party with our friend and her mother at home.
They have great taste and I want to make them happy!
It is nice to think about food and tableware as usual.
Of course, I use our merchandises, too!  It is my privilege:)

The picture below shows the main table.
I really like this pair of the pendant lights which I bought recently!
すみません。ライトは非売品です。

まずはシャンパーニュで乾杯!アミューズには色絵の覗き猪口と漆の小さな猪口を使って。
レンコンのポタージュとオリーブの肉詰めフライ。 

I served champagne and amuse at the coffee table.


こちらの花器↓はなんと備前の手付き鉢。 花器としていつも大活躍。秋の花は特に良く合います。


メインテーブルで。 使いたかった器が勢揃い!秋色+染付+黒漆は シックにまとまるから大好き。
It is the picture↓ of the main table.  I love the combination of Blue & White, black-lacquer-ware, and warm autumn color!





実はこちらで使っているの重箱は茶道で主菓子を入れる縁高。 深さがあって、小さめでシンプルなのでこんな風に使ってしまいました。 お茶の先生が見たら卒倒しちゃう??
豆皿や硝子の酒器を使ってこんな風に仕込んでみました。 
簡単な料理でも器で嬉しくなっちゃいますね。 ミニチュア好きのお二人も嬉しそう♡


鴨のローストとサラダ。 慌てて盛付したので画像は小さく(笑)
両方とも江戸期の古伊万里。美味しいものを少しずつ食べるには良いサイズ。

 
根菜と十穀米のスープ。お鍋型のお椀がとても可愛らしくて
鍋物風のスープにしてみました!
栗おこわ。 栗の色がもうちょっと出てくれたら良かったかな。
蛸唐草のお茶碗はいつも大活躍!
人を招く時はもちろん緊張します。でもこの緊張感が大切。
気持ちよく過ごして欲しいので家を片づける、掃除をいつもより念入りにする!
そして料理を考える。 大好きな人に楽しんでもらうために自分も楽しくなくちゃいけないので無理はしませんが、心地よい緊張感で家が片付いたり、料理の腕が上がったり(!?)
良いことづくめなのですよね。
ホームパーティ、おススメですよ!!  あ、毎日は来ちゃだめよ(笑)

I like a kind of tension to have guests, but it encourages me to clean the rooms well and think about the food.  But I should be happy to have a party, and I'm never too nervous.
Finally, our apartment becomes very clean, and I become a better cook!!

最後にデザート。ここからがクライマックス!
友人からのお土産のお菓子をとっておきのお菓子器と江戸硝子の小皿に載せてみました~!
お菓子のチョイスが、か、完璧です!
硝子の器使いたいなぁ~、とだけ伝えたのに、もうこんなにピッタリのわらび餅を持ってきてくれるなんて❤
やっぱり、中身が入ると違いますね。


脚付の稲穂蒔絵のお菓子器。今の季節にぴったりですっ!

永久保存版にしたい江戸硝子。 見せびらかしてすみません(汗) 
手に持つと鉛のカッキーンとした感触が面白い。

珍しく長々と失礼しました。
最後にNちゃん、ありがとね♡

No comments: